育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ
ママ&パパるーむ
赤ちゃんと遊ぼう
赤ちゃんとの遊び方やおもちゃの選び方などをご紹介
身近にあるものは何でもおもちゃ
昔はおもちゃを手作りすることが多かったですが、近年ではおもちゃ店やデパートなどで買うのが当たり前。かわいい我が子のために、お誕生日などのお祝いごとのときだけでなく、頻繁に購入するママやパパもいることでしょうね。

でも、赤ちゃんを喜ばせたいと思って買ったものの、遊んだのは最初の数日だけだったり、あまり興味を示さなかったりなど、意外な反応にがっかりした経験もあるのではないでしょうか。大人は「これは生活に使うもの」、「これは遊ぶもの」といった区別をつけますが、赤ちゃんにとってはどれも同じようなもの。興味を持ったものがすべておもちゃなのです。ものへの好奇心は遊びの現動力の1つです。おもちゃを買ってあげるのもいいですが、身近なものを使った遊びも工夫してみてはいかがですか。

ただ、赤ちゃんは思いがけないことをするので、日用品で遊ばせるときは、目を離さないように注意してくださいね。


<首すわりのころ>

生後3〜4ヵ月のころには、ガーゼやタオルなどで遊ばせてみるのもいいですね。ちょうど、つかんだものをなめたり振ったりして遊ぶようになるころなので、結び目をつくって握りやすいようにしてあげてもいいでしょう。また、ときにはママが片側を持ってひっぱってみましょう。最初はされるがままですが、つかみ取る力がついてくると、つなひきのようにひっぱり合い遊びをするようになります。

<おすわりのころ>
おすわりが上手になったら、自由になった両手を使う遊びを取り入れましょう。ザルやおたまなどのキッチン用品は、重ねたり、たたいて音を楽しんだりなど、いろいろと遊べ、喜ぶ子も多いようです。何でもない空き箱も、ものを出し入れしたり、ひっくり返したりと、楽しく遊べる道具の1つですが、端で手を切ったりしないように、テープなどで補強してから遊ばせるようにしましょう。


バックナンバー
2005.6 遊びの基本はスキンシップ
2005.7 お散歩で気分転換
2005.8 手足を動かして体操遊び
2005.9 赤ちゃんははっきりした色が好き
2005.10 声のやりとり楽しいな
2005.11 手作りおもちゃに挑戦しよう
2005.12 みんな大好き「いないいないばぁ」
2006.1 なめるのも遊びの1つ
2006.2 音が出るものだ〜い好き
2006.3 おふろで遊ぼう
2006.4 ときには、体を使った遊びも



ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページのトップへ