育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ

2006.1


なめるのも遊びの1つ

口に触れたものに吸いつく反射は生まれつきの反応ですが、指しゃぶりをしたり、つかんだものを口に入れようとしたりなど、赤ちゃんはものをよくなめますね。これは、大人が見たり、触ったりしてものを判断するのと同じこと。口に入れてなめることでどんなものなのか確認しているのです。赤ちゃんにとって、手で握って口でなめることは遊びの基本ともいえます。丈夫で清潔なもので思い切り遊ばせてあげましょう。

ただ、月齢が小さいうちは、偶然手に触れたものを口に入れるだけですが、成長とともに好奇心が旺盛になり、興味を持ったものに自分から近づき、どんなものでも口に入れようとします。たとえ1歳近くになっていても、まだ危ないもの(場所)かどうかの認識はできないので、大人が気を配るしかありません。事故防止のためにも、赤ちゃんの手が届く範囲に置くものには十分に注意しましょう。


<首すわりのころ>
ガラガラは持ってなめさせるのに最適ですが、低月齢のうちは大きさや形・素材によって握りにくい、重いといったことがあるので、軽くて持ちやすく、口に入れても安全なタイプを。ガーゼなど、柔らかな布の感触を楽しめるものを持たせてあげても。

<寝返り・おすわりのころ>
口に入れたものをかむようになる6ヵ月ごろからは、歯固めなども喜ぶでしょう。また、赤ちゃんは布を触るのが大好き。おすわりができるようになったらタオル地のボールで遊ばせてもいいですね。タオル地のおもちゃはなめても安全ですが、ときどき洗濯をするなど、衛生面には十分気をつけてあげましょう。

<はいはい・つかまり立ちのころ>
動き回りながら遊ぶことが多くなり、転んだ拍子に歯ブラシなどでのどをつく事故も。食べたり、髪をとかしたりなど、しぐさのまねもするようになるので、遊ばせるものの大きさや形などには十分注意し、目の届く場所で遊ばせるようにしましょう。


前のページへ


ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページのトップへ