育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ

2005.8


手足を動かして体操遊び

赤ちゃんは、ママやパパに遊んでもらうのが大好き。わざわざおもちゃを用意しなくても、一緒にはいはいしたり、くすぐったりするだけで大喜びするはず。お話しながらふれあい、体を動かすのが何よりの楽しい遊びなのです。

とくに、スキンシップは赤ちゃんの成長に欠かせない大切な要素の1つ。肌が敏感な新生児〜低月齢のうちの、優しく触れられ、なでるようにケアされるという体験は、満足感や安心感へとつながり、心の安定を生むともいわれています。機会を見つけては赤ちゃんの肌にたっぷりふれてあげましょう。歌を歌ったりしながら、ママ自身も楽しむつもりでやってみるといいですね。

また、抱っこは心の発達をうながすという説もあるほど、大切なコミュニケーション法です。抱きぐせなど気にせず、たっぷり抱っこしてあげましょう。

<首すわり前には>
手足を屈伸させたり、おなかを「の」の字にさすったり。できるだけ素肌に触れて、マッサージのような感じで遊んであげましょう。なかなか遊んであげるタイミングがはかれないなら、お世話のついでにやってみるのもいいでしょう。

<首がしっかりすわったら>
仰向け寝ている赤ちゃんの両手を持って、ゆっくりと上体を起こしたり、手足を曲げ伸ばしたりなど、少しずつ体を使った遊びを取り入れていきましょう。赤ちゃんの動きをさまたげないよう、お部屋を暖めてできるだけ薄着にさせるのがポイント。

<つたい歩きやあんよができるようになったら>
おすわりが上手になるにつれ、足腰の力が強くなってきます。赤ちゃんをひざに抱っこしてクッションなどをキックさせたり、両脇を支えて、ひざのうえでピョンピョンさせたり。足を使った遊びを取り入れてみましょう。


前のページへ


ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページのトップへ