育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ
離乳食・食事のアイデア
[ ページ1ページ2ページ3ページ4 ]


食べやすいおにぎり
静岡県 岡本様(7歳、5歳、4ヵ月児のママ)
春になったら外でのお弁当は楽しいですよね。
そこでおにぎりの登場!!

おにぎりって大人は食べやすいと思っても子どもは案外ぼろぼろにしてしまうもの。

友達に教えてもらったのですが、そんな時おにぎりを細長い形に作ってラップで包んで持っていくんです。

バナナのようにラップを取りながら食べさせます。
子どもの口のサイズの細長いのが良いみたいですよ。
ページのトップへ



赤ちゃんの食べこぼしは当たり前。ならば、思いきり!
埼玉県 山崎ママ様(1歳6ヵ月児のママ)
これは、アイディアと言えるかどうかなのですが、離乳食をすすめるうちに自分でなんでも手を出して食べたがる時期がきます。そんな時は食べ物はこぼすわ、飲み物はひっくり返すわ、ママはストレスで叫びたくなるという悪循環。

そこで、視点を変え、「赤ちゃんがこぼすのは当たり前、だったらどんどんこぼしてもらいましょう。」とばかりに、準備することをオススメします。テーブルにビニールクロスとか、床にレジャーシートを引いて、こぼしてもいいようにスタンバイした後は、好きなように食事をさせます。満足したら、シートごと食べこぼしを取り除き洗えばOK!床を雑巾がけする手間をはぶけます。洗うのも面倒という方は、ゴミが増えますが、新聞紙を引きつめ、食事が済んだら処分するという方法もあります。
ページのトップへ



「ほほえみ」スプーン再利用法
三重県 ゆうママ様(7ヵ月児のママ)
私の育児アイデアですが、「ほほえみ」スプーン再利用法です。
離乳食を赤ちゃんが食べる少しの量を1回ごとに作っていたら、手間も時間もかかって大変なので、ある程度まとめて作って製氷皿に移して冷凍しておくと便利。
1つのブロックが小さいので使いたい分だけレンジでチンすればOK。
私は製氷皿におもゆやだしを鍋から移す時に「ほほえみ」のスプーンを使っています。 先が細くなっているので、こぼさずに移しやすいし、他のブロックに入ってしまい混ざる事もありません。
それにほほえみのスプーン1さじは料理用の小さじ(5ml)とほぼ同じ分量なんです。なので、1列は1さじ、もう1列は2さじという風に作っておくと、冷凍した物をムダなく使えます。
ページのトップへ



離乳食用すり鉢をきれいに洗うには
神奈川県 宮地様(8ヵ月児のママ)
離乳食作りに使う赤ちゃん用のすり鉢を洗うとき、細かい溝に入った汚れがスポンジなどではなかなか落ちない事があります。そんな時、歯ブラシを使うと簡単にきれいに落とせますよ。
赤ちゃん用の食器は小さいので、タワシより歯ブラシの方が
使いやすいです。



フィンガーボール
埼玉県 西野様(8ヵ月児のママ)
離乳食中期頃からは食事に手を伸ばすようになるので、手が食べ物だらけになり、おしぼりなどでの拭きとりと洗濯が大変です。そこでフィンガーボールを用意し、食後に中で手を洗うようにしました。喜んで手を入れ、握ったりひらいたりするので、指の間もきれいになります。
寒い時期には、ぬるま湯を用意してあげるとよいと思います。食事の後の母乳やミルクをあげる時に、使用後のフィンガーボールの中にスプーンや食器をつけておけば汚れが落ちやすいです。


離乳食・食事のアイデア [ ページ1ページ2ページ3ページ4 ]

バックナンバーの一覧ページへ ママのアイデアトップページへ

ママの育児アイデアメニュー

ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページのトップへ