育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ
ママ&パパるーむ
ミルクの歴史

  筆者略歴
山本良郎。東京大学農学部農芸化学科卒業後、明治乳業株式会社入社。
京都大学医学部小児科学研究室派遣。
明治乳業株式会社取締役中央研究所長、取締役乳品医薬品事業本部長を経て現在研究顧問。
農学博士。
 

母乳栄養のメリット
ここで母乳栄養のメリットについて整理しておきましょう。
昔から強調されているのは、スキンシップです。人工栄養でこのスキンシップを赤ちゃんに味わはせるのは、物理的には不可能です。だからこそ人工栄養では、赤ちゃんをしっかり抱いて、目と目を合わせながら愛情込めてミルクを飲ませることが大切なのです。

一方近年、母乳中には腸管上皮成長因子、生理活性ペプチド、ホルモンなどの他各種の感染防御因子が含まれることが分かってきました。分泌型IgAなどによる局所免疫機能に代表される母乳の活性成分は、いずれも初乳中に多く、分娩後数日のうちに急激に濃度が低下します。だからこそ母乳推奨のスローガンでも、「初乳は必ず飲ませよう」と言っているのです。一方加熱により上記のうち液性成分の活性は著しく低下し、細胞成分は壊滅します。乳房を直接赤ちゃんに含ませることのできない場合でも、母乳を絞って凍結保管し、解凍後温めるだけで、加熱殺菌することなく、赤ちゃんに与えるように指導される理由はここにあります。

ヨーロッパでは、近年まで母乳銀行というものがあったようですが、ここでは、出産直後の初乳ではなく、多量に出るようになってからの母乳を集め、加熱殺菌して提供していた、と聞いています。従って、いわゆる“生”母乳のメリットの多くは失われていました。しかし何と言っても“ヒト”の乳です。消化不良性下痢で沢山の赤ちゃんが命を落とすような時代では、赤ちゃんの消化機能への負担を心配する必要もなく、また異種たんぱく質によるアレルギーが起きる確率も極めて小さいなど、多くのメリットを発揮したに違いありません。

牛乳中にも、母乳中に認められた活性成分は量的には少ないものの含まれていますが、いかんせん加熱殺菌されている育児用コナミルクでは、その機能は全く期待できません。牛乳中に含まれる分泌型IgAやラクトフェリンなどの感染防御成分を取り出し、それだけを加熱せずに育児用コナミルクに後から配合すれば、見かけ上は感染防御活性を持つ育児用コナミルクを仕上げることはできます。しかしこれらの成分は、ヒトの赤ちゃんにとっては異種たんぱく質で、アレルゲン性が強い成分だということを忘れてはなりません。

ところで、ウイルスの母子感染経路には胎内感染、分娩時感染と母乳感染が考えられています。多くの場合何が主要経路かはっきりしていません。エイズしかり、肝炎しかりです。ウイルス感染の可能性がある場合には、恐らく日本では、迷うことなく人工栄養が勧められるでしょう。それは、日本では人工栄養で育てることに何の心配もないからです。しかし目を世界に移すと、事情は生やさしいものではありません。何故でしょう。

第三世界などのようにきれいな水を得ること自体が困難な地域では、母乳のメリットである免疫、感染防御機能が何より必要なのでしょう。母乳哺育をすることが赤ちゃんにとって何より安全なのです。後日発症する心配よりも、赤ちゃんが無事乳児期を乗り越えられるかどうかが、先ずもって大事なのです。

このように、世界を見れば“何が何でも母乳”なのです。翻って日本を見れば、人工栄養にした時のリスクは殆ど無視し得るくらい極めて低いレベルにあります。無理せず母乳を与えられ、万が一の場合もミルクで育てられる日本は、何と幸せな国でしょう。



バックナンバー
2003.4 ひとには知恵があった
2003.5 お母さんもっとリラックスして
2003.6 母子関係−お母さんのゆったりした気持ちと愛情が大事
2003.7 セカンド主義で育児を楽しもう
2003.8 ソフトカード化 - 人工栄養における最大の福音
2003.9 皮膚はすべすべ、堅太り- 頭脳だって悪くない
2003.10 アレルギーを起こす確率を下げた-βラクトグロブリン選択分解
2003.11 粉ミルクの調乳に使用する水(お湯)について
2003.12 神武天皇のお父さんも人工栄養で育った
2004.1 パスツール、リービッヒ、鈴木梅太郎−人工乳開発の先駆者達
2004.2 人工栄養児の発育は母乳栄養児と同じ
2004.3 “目安量”にとらわれすぎないで
2004.4 貧血予防だけでない鉄の働き - 鉄不足は精神活動を萎えさせる
2004.5 人工栄養児の便も軟らかく、ビフィズス菌優位になった
2004.6 人工栄養のよりどころ


ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページのトップへ