育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ
2003.11
粉ミルクの調乳に使用する水(お湯)について
牛乳をベースにした人工栄養は、牛乳を薄めることから始まりました。これはヒトの乳に比べて牛乳のたんぱく質とミネラルが多かったことへの対応でした。大変発育の早い赤ちゃんにとって、骨や身体を作り上げていく上でミネラルは大切な成分です。しかし過剰に摂ったミネラルは、赤ちゃんの未熟な腎臓を通して体外へ排泄されなければなりません。しかし赤ちゃんの腎臓は未熟で、大人のように濃いオシッコを作ることができません。腎濃縮力が大人の半分、つまり、余分に摂った不要のミネラルを体外に排泄するのに、大人の倍量の水が必要なのです。

ミルクだけを飲んでいる赤ちゃんを例にとり説明してみましょう。赤ちゃんが摂る水の量は、調乳時に使った水と、調乳液中の脂肪や炭水化物、場合によってはたんぱく質が体内で燃えてエネルギー源になった時に生じる水を合計したものです(おおよそ調乳液の出来上がり量と思って大差ありません)。一方体外に出ていく水は、オシッコとして出ていく水の他に、呼気中の水分や汗というものを考えておかねばなりません。

ミネラルの多い濃いミルクを与えられていた時代には、オシッコとして使わなければならない水の量が多かったために、気温が高く、汗としてあるいは呼気中に出ていく水の量が増える夏季などには、水不足を起こし、発熱する例が見られました。そのものズバリ、「夏季熱」と呼ばれました。現在のミルクでは、電気透析などの技術によって、母乳のミネラルバランスを参考にしながら、ミネラルを十分減らし、「予備水分量」が十分確保されていますので、このような心配はまずありません。

ところで、ミネラルウォーターで調乳する場合には、表示されているミネラル量の数値を比較して、是非"ミネラルの多くない"ごく"自然の水"を選んで下さい。


前のページへ


ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページのトップへ