育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ
 
赤ちゃんの発育と発達 赤ちゃんはすこしずつ大きくなっていきます
赤ちゃんは、ママやパパの力強い愛情を受けて、少しずつ大きくなっていきます。大きくなっていく過程で、大人がもっている知識や経験をひとつずつ学び、そしていろいろなことができるようになっていくのです。
世の中がスピードアップしたからといって、育児にそれをあてはめるのは禁物です。文明が進歩し、生活様式や社会が変化しても、育児の本質は変わりません。愛情をいっぱいこめて、ゆったりした気持ちで赤ちゃんの成長を手助けしてあげてください。何より必要なのは、赤ちゃんをやさしく見守ってあげるママやパパの愛情です。

パーセンタイル値とは?
母子健康手帳には、体重、身長、頭囲などをパーセンタイル値で表す身体発育曲線がのっていますね。

これは赤ちゃんの発育と発達を表すひとつの目安です。
帯の中には各月齢の94パーセントの子どもの値が入ります。

赤ちゃんの成長には個人差があって、その子なりのペースで発育・発達していきます。もし赤ちゃんの発達に心配な点があれば、早く気づいて応援してあげることも大切ですが、ほかの子と比較してあまり神経質になりすぎないようにしましょう。はじめての経験だからといって、不安がらずに、自信をもって育ててくださいね。

男の子のパーセンタイル曲線を見る
女の子のパーセンタイル曲線を見る

ページのトップへ
0細事代の成長の目安
大切な0歳時代の成長の目安として、発達の様子や授乳および食事の内容を表にしました。

発達の様子の表を見る

運動機能の発達の順序は、脳に近い部分から発達していくのが基本です。首の発達から、ものをつかんだり、指をしゃぶるといった手の発達、ひとりで座ったり、寝返りをうつといった胴の発達、はいはい、つかまり立ちなどの足の発達へと順に発達していきます。

運動発達には個人差が大きく、できるようになる時期が早かったり、遅かったりするうえ、順序が変わることもよくあります。
その子なりのペースで発育していれば心配ありません。
赤ちゃんの知能は、運動機能とほぼ平行して発達していきます。

 

赤ちゃんライフメニュー

ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページの先頭へ