妊娠・出産ホーム>育児情報ひろば >赤ちゃんるーむ>明治ベビーフードを使ったメニュー
育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ
明治ベビーフードを使ったメニュー
食材別おすすめ離乳食メニュー

魚を使ったメニュー 5,6ヵ月頃 | 7,8ヵ月頃 | 9〜11ヵ月頃 | 12〜18ヵ月頃 ]

魚介類を食べさせる場合、5,6ヵ月頃にはタイなどの白身魚だけにし、マグロ、サケなどの赤身魚は7,8ヵ月頃以降に少しずつ食べさせるようにしましょう。青背の魚はアレルギーが出やすいので慎重に。サバ、イカ、タコ、エビ、カニ、貝類は5,6ヵ月頃・7,8ヵ月頃には控えます。もちろんさしみなどの生ものは離乳食には向きません。

離乳食期のたんぱく質の資源として使いやすい魚介類ですが、新鮮なものを選んで、塩抜きしたり、十分に加熱してほぐして使いましょう。ただ、こういった下ごしらえは案外大変ですね。そんなときは、ベビーフードを利用するのも便利です。下ごしらえの手間がない分、いろいろアレンジできると思いますよ。



5,6ヵ月頃  メニュー例: 
中華風うま煮
白身魚はゆでるとパサパサしてのどのとおりが悪くなるので、ほぐしてすりつぶしたあと、スープやだしで煮てあげましょう。じゃがいもと混ぜたり、かたくり粉やホワイトソースなどでとろみをつけると、さらに飲み込みやすくなります。しらすは水で洗って塩分を抜き、すりつぶして加熱します。


7,8ヵ月頃  メニュー例: 
ツナシチュー
白身魚に慣れたら、マグロやカツオといった赤身魚なども食べられますが、初めての食品は、様子を見ながら少量ずつが原則。おかゆやいも料理に混ぜたり、スープで煮るだけでなく、細かくほぐしてそのまま与えたり、ソース類で和えたり、シチューなどに入れましょう。サケやツナの缶詰も使えますが、塩分を含むので、単品ではなくシチューやリゾットなどに使うといいですね。


9〜11ヵ月頃  メニュー例:
白身魚と野菜のみそ風味仕立て
イワシ、サバ、サンマなどの青魚やカキの柔らかい部分も使えます。カキには鉄分が多く含まれるため、鉄分補給になります。


12〜18ヵ月頃  メニュー例: 
メカジキの野菜ソースがけ
食べやすく切れば、煮魚や揚げ物、ムニエルなど、ほとんどのメニューが食べられます。チーズ焼きや野菜あんかけなど、取り分けを利用しながら、バランスよく食べられるように工夫してあげましょう。カルシウム源として有効な小魚は湯をかけて塩を抜いて。


前のページへ 明治ベビーフードを使ったメニュートップへ

 

明治ベビーフードを使ったメニュー

ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページの先頭へ