妊娠・出産ホーム>育児情報ひろば >赤ちゃんるーむ>明治ベビーフードを使ったメニュー
育児情報ひろば あかるく楽しく げんきに子育て。
妊娠中のママへ プレママるーむ 0歳〜18ヵ月頃までの育児 赤ちゃんるーむ 1歳半〜3歳頃までの育児 幼児るーむ 育児中のママとパパへ ママ&パパるーむ お役立ち情報 情報るーむ
明治ベビーフードを使ったメニュー
食材別おすすめ離乳食メニュー

豆を使ったメニュー 5,6ヵ月頃 | 7,8ヵ月頃 | 9〜11ヵ月頃 | 12〜18ヵ月頃 ]

植物性たんぱく質が豊富な豆類は、積極的に離乳食に取り入れたい食品。とくに、大豆の加工品である豆腐は、消化がよくて調理しやすく、5,6ヵ月頃から使えるので、いろいろな食品と組み合わせて上手に活用しましょう。

納豆は7,8ヵ月頃から使えますが、包丁で細かくたたいて下ごしらえするといいですね。そら豆やグリーンピースも、ゆでてからなめらかにすりつぶしたり、裏ごししてからさらに煮れば5,6ヵ月頃からOK。飲み込みにくいようなら、スープなどでのばして水分を多くします。いんげん、絹さやは、7,8ヵ月頃以降なら食べられますが、だしで煮てとろみをつけるなど、食べやすいように工夫しましょう。アーモンドなどのナッツ類は、のどにつかえるなど、事故の心配があるのでやめましょう。



5,6ヵ月頃  メニュー例: 
豆腐入りポタージュ
豆腐は煮てからすりつぶして使います。きな粉は大豆を粉末にしてあるため、栄養価が高く、消化しやすい食品です。おかゆやマッシュポテトなどに入れて使いましょう。


7,8ヵ月頃  メニュー例: 
かぶと豆腐のつぶし煮
消化のいい大豆加工品を積極的に使いましょう。凍り豆腐(高野豆腐)は、そのまますりおろしておかゆやスープなどに入れ、加熱して使いましょう。そら豆はゆでて薄皮をむいてからスプーンの背などでつぶし、おかゆと混ぜるといいでしょう。納豆は細かく刻んで炒め煮や納豆汁、おじやなどに入れ、加熱して与えましょう。


9〜11ヵ月頃  メニュー例:
あんかけ茶わん蒸し
大豆は、柔らかく煮たものをつぶして与えます。丸のまま与えると、誤飲して気管に詰まらせることがあるため、調理した大豆は必ずつぶして与えましょう。


12〜18ヵ月頃  メニュー例: 
マーボー豆腐
生揚げやがんもどき、油揚げなども利用できます。熱湯をかけ、油抜きをしてから煮物にしたり、汁に入れるなどして使いましょう。


前のページへ 明治ベビーフードを使ったメニュートップへ

 

明治ベビーフードを使ったメニュー

ほほえみクラブ 会員専用マイページ

「ほほえみクラブ」は、ママの妊娠・出産・育児を安心して楽しく行えるように明治が応援・サポートするクラブです!

会員登録はこちら!(無料)
アンケート
ページの先頭へ